MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

それでもシマノを買いますけど。

新型XTR出ました。気になります。

ワシはデザイナー(なのか?最近)である点とレースユース(って最近あんま出てないけど)な側面と一応バラバラでも組み立て出来る(ようだ)事とを考慮した考察をしたいと思います。最初に画像で見た印象は多分これをメインでデザイン担当した方はバラバラな自転車を組めない(もしくは実際やってない)、ダートで走って洗車をして走行中何かを壊してといった行為を自分自身で体験していないのかなぁ思いました。多分R&Dからの報告と技術からの情報を基にスタイリングを考えられていると思われます。

ここ数年のシマノデザインはその状態を非常に多く見受けられます。
技術者に対し解決策を提示できてないのでは?と想像されます。
多分デザイナーの権力は高いがレースコンポとして実践に即してない不合理な点を感じるといった場面があり技術やR&Dを行ってる人がジレンマになってる場面がるのでは?と妄想してしまいます。
そんなネタの1つにとにかくネジの選定とかヒドイです。とりあえず画像のみに評価するのは早合点ではありますが想像される点を列挙しました。



ブレーキレバー:他のパーツとのスタイリング統一が無いという事はありますが、単純に自転車ひっくり返した時どうするんですか?と思いました。ブレーキ性能が向上したならば調整頻度が低くなった調整ノブ類の処理は考慮すべき。今度こそエア抜きが上手くできるのかしら?とそういった点キニナリマス。

ローター:カタカタ対策されてないようです。残念極まりない。壊したのワシだけぢゃあないと思うけど。。。ランニングで変更できるレベルなのに新型で修正しないという意味がわからん。

クランク:他モデル(2枚仕様)では前面ねじ付きはありましたがメイン商品?はねじを前面から見えない構造にしています。これは完全にハメ殺しで「ギア板減ったらそのままクランク廃棄」であれば納得ですが、そうぢゃあないならばこのようなスタイリングを提示するのは個人的には微妙です。レースやトレイルにおける緊急性のあるメンテに対応できません。チェーンリングに何かあった時一回クランク外すの?と。どうせインナーに何かあった時は外すでしょ?ならいいんですけどかインナーとミドルアウター全部のネジを一体化でセンターロックとかならばわかりますがどうなんですか?
最初に思ったのは単純に汎用性に欠けるギア板とクランクの勘合部分に相当納得いかない、汎用性を欠くスタイリングをするならば他社製品が入り込めない位パーツを出すべきと。トレイル言ってバッシュガードないんでしょ?ありえん。見栄えであの無駄カットやっていますとしか言いようがない。
あと気になるのは逆側のネジ処理気になります。

質感:試作だからと思いたい。フロントディレーラーヒドイです。あれで最高峰って。。。まずいだろ。
とは言ってもワシは使わないブツだからどうでもいいんですけどね。

カセット:別にXTRに限った事ではないですが10速を推進されているであろうシマノにおける戦略でダウンヒルや4Xユーザーはどうすればいいんですか?単純な質問です。選べるカセットが無いです。

リアディレーラー:最近なんでアームに変なRをつけるのかワカリマセン。多分あれをやんないだけで数グラム軽くなる気がするが・・・。

ハブ:単純に左右スポーク同じ長さでできますという案は何かデメリットがあるのかなぁ~といつも思います。あ、どうせ完組買えって事?

と、とりあえず思いついた事を書きましたが、それだけ製品レベルを期待しているという事です。
とはいえ、ワシよりも学力レベルがハイパー高い方が行われているであろうからそういった素人考えの行為に対し回避されているのではという期待をしておりますが、いかんせん今迄のモデルが。。。と言いたい。
頼む、デザイナー、もっとダート乗ってレース会場やショップやユーザーの声を聞いて欲しいとしか言いようがない。多分自分でそう思って動いてないなぁ~って思います。あえて厳しく言います。

何せ今迄ずっとシマノを使用しているしこれからも使用したいから。。。
トラックバックURL : http://hubgejapan.exblog.jp/tb/10890996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hubgejapan | 2010-06-29 03:17 | 横田の落書き | Trackback | Comments(0)