MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

BGH 4X

遂にRAMPANTでレース。
実は先週のレースから手首の筋の調子が悪かったが恐らく運動不足でしょう。情けない。





余り練習をしないで体力温存。プロクラスと分かれているので幾ら乗ってないとはいえそこそこで頑張らないとと思う。せこいので第一バーム迄頑張る戦法の練習は1回のみで流す。

とりあえずプロレーンを使うとの事で1度もプロレーンを走った事が無かったので其処の練習をしてみる。
手前の草コーナーを上手くさばかないと1つ目に上手くスピードが乗せられません。とにかくヘタクソなので繋ぎがヘタクソで加速させられず飛びきれません。
結局草コーナーのアウトから練習で1回だけ引っかからず飛べたが明らかにレースではダメだなぁと思う。
できなりでこのジャンプからバームは行ける事が発覚したが次のジャンプが絶対届かないのでどうやって死なないようにするかだけ。何せ素人にはゼロストップに近いからびっくりします。
結局このプロレーンはリアサスに助けられてなりゆきで行ける事が分かったので諦めた。
KZシゲに「遅い」って言われた。わかってるよぉ、遅いから飛びきれん。

【予選】
苦手なタイムレース。いつものように余り頑張らず大きなミスをしないように走行。無理してコケてヘボいタイムを避ける戦法。第一バーム迄頑張る戦法はそれなりにこなし手応えを掴むものの予想通り芝生でミスってプロレーンできなり通過。恐らくリアサスの使い方が不慣れなんだと思い込むことにした。タイムは知らないが予選落ち無いって言うので予選順位見なかった。
決勝レース開始前、MC席にあった決勝モトシートで初めて2位だったの知った。
わ~い。

【決勝】
先週の予想通り第一バームで勝負が決まるコースと予想していたのでとにかく第一バーム迄頑張る戦法。
1本目は上手く逃げ切って後方の2位争いをチラチラ観る。面白い。誰かビデオ撮ってないのか?
2本目はこれも予定通り第一迄一気に逃げてコーナーでイヤラシイラインで入って逃げる戦法。見事成功。
最高のイヤラシイ走り成功!
遂にファイナル。しかしながらもう膝痛い痛い病。できる限り第一バーム迄頑張ってみる事にしたが引き足使えず第一バームの入りをミスって2位キープがいっぱいいっぱい。

とりあえず4Xレース今年初+新規導入機材で2位だから充分です。

【リアサスの恩恵】
恐らくある一定レベル以上のライダーはかなり恩恵を感じると思いました。
コーナーで滑っても気にならないしジャンプでミスってもどうにかなるので今回は恩恵を感じました。
正直スタートがスロープがきついからリアサスに動力が喰われなくて良かったのはありますが、リジッドのようのあスルスルと出る感覚ではないのでまだ違和感を感じます。
単純にプロペダルを使えてないからかも知れません。
by hubgejapan | 2010-08-13 01:09 | 横田の落書き