MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NIPPONOPENにいってきました。

・・・随分経過してしまいましたが自分メモデス。

NIPPON OPENに参戦しました。
性懲りも無くあえてエリートクラスにエントリー。30オーバーでいつものライバルと戦う案もありましたが折角なのでエリートでやってみようと画策です。
それよりもヒッチがちゃんと使えるのかと久し振りの宿泊遠征レースの方がタノシミというか・・・
a0015597_12273472.jpg




【前日】
ちんたら用意して6時過ぎダーユーを拾う。自転車積載、こりゃあラクチンだと確認。
環八が凄く混んでおり高速を乗ったのは7時過ぎ・・・普通に運転して途中玉突き衝突渋滞でえらい時間取られて到着12時ちょい過ぎ。
う~ん、クルーズコントロール超便利!今迄ハイエース/カングーと背が高いクルマから普通の車高になったからか風にあおられない、スバラシイなんて具合。

●桑名到着~練習
昨年は「これで最後か・・・」なんてしみじみしていたのだがまたこの地に降り立てて嬉しいです!
そしてクルマから自転車を降ろしてコースへ。一部では「簡単になった」との話でしたが、3rdストレートが深くしかも距離がバラバラでマーイヤラシイ。
とりあえず乗ってみる。記憶が確かなら1stは、なめ→飛び→飛びだった筈・・・できん。退化だな・・・っていうか上手く走れん。もう3rdなんてただしがみついているだけ。
あれれ、随分前は最後の所W→W→テーブル飛びだったんだけど・・・退化だな。とそんな感じだったがどうも1stもいじったようでイメージ通りにこなせない理由がコースである事が分かった途端これはしょうがないと。
最後は飛ばないほうが早そうなので飛ぶのを止めてみた。
a0015597_12384113.jpg

a0015597_12385542.jpg

とりあえずこなすパターンを決めてゲート練習を数回やって「よし、何か上手くいけそうだ」なんて盛り上がる。
タイヤは無地みのまま、フロントはMAXXISのRENDEZ、リアはKENDAのBBGで富士見と同じ。富士見比較でエアを上げた。(後から思うとリアはKENDAのSB8でよかったなぁ・・・)
上下方向の突き上げを抑制するためちょっとフロントのエアを落としてリバウンド1クリック遅く。リバウンド遅くしたのはこなせないからだとかそうです、そうなんです。コーナーのフィーリングで変更した訳ではないんです。
ちなみにエアゲージ忘れてタイヤはポンプで計測。前後3→フロントだけ2.8にしてみたがポンプだ、テキトーだ。
第一バームで走行中ニップルを飛ばしスポークがびろーんとなってしまう。何故か桑名で走るとフロントホイールに何か発生するのがベタになっているようだ・・・現場で修理。
そんな具合でざっと走って3時過ぎに終わりにした。滞在2時間。

●練習後
途中100均で袋を買う。MMC協賛品を詰める内職用。今回宿泊は昨年同様3900円の宿、どうせ寝るだけなので何でも良い。
それより近所のリサイクル屋が面白く昨年買い逃したトミカを大人買いした。もう満足。
a0015597_1232380.jpg

そして近所の荻窪ラーメンにて晩飯(荻窪在住+荻窪高校出身の2人が何故三重の桑名に来て荻窪ラーメン・・・)。
a0015597_12325117.jpg

宿に戻りMMCの袋詰め内職を行う→直ぐ終了・・・夜暇過ぎてブゥブゥ言ってこの日は終わる。

【当日】
予定通り6:30起床で飯。サエタクさんと3人で飯を喰う。無駄に食べ過ぎている気がするが気にしない。
コンビニで昼飯を買い一路コースへ。
7:30には到着。先に出掛けたサエタクさんが駐車場を確保してくれたお陰で上の駐車場に止めれた(アリガトウゴザイマス)。
チンタラ準備をして小川輪業テントへ椅子と机を広げ(小川さんブースアリガトウゴザイマス)ちょっとまったり。
a0015597_12314129.jpg


●コース+練習
コースが予想通り難しくなっており第二バームは縁を変則的に走る。第三バームを超えて90度以上の狭いコーナーを曲がり砂利を走ると想定の範囲を若干超えたレイアウト。
いつものようにコースに立ちああでもないこうでもない妄想をしているといつものメンバーが集まりラインどうしよう談議開催。
多分こうなんだろうなぁの意見一致。今回はアウトはないが基本デス。
1)第二はとにかくインに付かれない様に進入→インベタで入る。インに居たら落としちゃう(嘘)。
2)1個手前の杭が見えたら体制整えて曲がる(とにかくバーム使わないでおこう)
3)曲がって直ぐの特設のギャップはインベタ気味に入ってみる
4)第三コーナーはバーム登る部分でとにかく次の90度ターンでインに入られないようにする。アウトから入ってもどうで曲がれない
5)とにかくインベタで我慢して曲がる。漕ぎ勝負になるから立ち上がり重視、耐える。
とそんな感じだったと思う。あんま同じライン練習しないでおこうねぇなんて言って終了。
ゼッケンを受け取り練習開始。
どうも第二バームの進入が何処まで耐えられるか結局分からずできなりになってしまう・・・消化不良。
第三は上手く入る案を思いつきストレートをコース真ん中辺りで走りインベタ気味に進入して空中でリアを振って山の斜面と垂直にして体制を整えインベタに入る方法を見つけ出来上がり。
とはいえ、此処まで体力持つのかが微妙~。
何となく「今日はイケテルゾ」な気分、悪くない。悪いのは当日のゲート練習がどーしようもなかった事位。昨日はなんだかいけそうな気がしていたのになぁ。
a0015597_12333676.jpg

a0015597_12393296.jpg


●TT
毎度の事なのだが苦手。タイム削る練習なんぞ一切カットしていたのでどーしようかと考える。とりあえずレースをイメージしてみた。
他のクラスのタイムを見て恐らく42秒後半が目標かなぁと推測。
で、自分の番。エイヤーと漕いだら気合が入ってしまい最初のテーブルと思い切り発射、バックサイドを超えてしまい「あぁあやっちまった・・・」なんて思う。
a0015597_12373282.jpg

テーブルもロールしてとにかく漕ぐ、
a0015597_12375724.jpg

2ndは予定通りジャンプ→ロールちょい漕ぎ→ロールで漕ぎ足し迄はそれなり。んがしかし次の特設コーナーで予想以上に慎重に入ったお陰で凄まじく失速。
しかもペダル外して入ったのはいいが、何か入らない・・・やってしまった・・・なんて脚グリグリして何とか3rdストレート中盤でペダル入る。もうできなりこなしで遂に3rdコーナー。
何故か両方ペダルが外れ「もうぅぅ~」なんてグダグダな状態で曲がり萎えながら必死で漕ぎまくる・・・舗装でフロントタイヤ滑って一瞬びびる・・・あとはひたすら漕ぐ。
「あぁ、ひでぇなぁ」なんてタイムを見る。「よんじゅうよんびょううううう・・・」ヒドイ、ヒドスギル。イメージと2秒位乖離していると結構萎えます。

●決勝迄
で、リザルトを見ると予想通り4XNUGの総合チャンピオンを獲ったシマノドリンキング井上さんがダントツのトップ。この方とは決勝以外アタリタクナイ・・・。
自分は7/14位。何かビミョーな順位だ・・・っていうか、同じタイムってあるんだぁなんて驚く。
さてそんな予選はドーデも良くて組み合わせがどーなんだです・・・見た瞬間終了と思いました。
絶対あたりたくない井上さんとGONZOローカルの塚本君、実質決勝だ、これ・・・はい終了と悟った訳です。やれるだけやりますけどね。
うへへ、今日は終了だぜぃなんて気分でテントに戻ると予選でチェーンブチ切った山田君が困っていた。
最初は手を出すつもりは無くおいなりをつまみながら見ていたが何も進展が無さそうなのでメンドクセイオジサンのワシがチェック。
チェーンを見たらチェーンがねじれていて終了、交換必須と判断、クルマから手持ちの新品チェーンを持参して交換。
ライダーは飯喰ってとと言ったが心配している山田君。なのでとりあえずディレーラー持ってもらったり手伝ってもらう。レース迄40分位あったので普通に対応。
ディレーラー調整をちょいやって完成、送り出す。
「ワシ人のために働いた、きっと良い事があるんだ」なんて盛り上がって自分のレースが良い結果になるんぢゃあないかと期待をしてみた。
そしておいなりを食べる・・・レース5分前位、召集始まった頃。タクミが「チェーンが外れてかけているんですけど」と自転車持参・・・プレートが取れている。
ハメようとしたが無理だったのでチェーンをカットして詰めてマロさんに「ローは入れないように」と言いながら託す。ふぅぅ、焦った。
前日デバイスの下を壊したようなのでそれで一緒にチェーンも破損したがチェックしなかったのかなぁと推測。とりあえず良かったと・・・。
「ワシ人のために働いた、きっと良い事があるんだ」なんて盛り上がって自分のレースが良い結果になるんぢゃあないかと期待をしてみた(2回目)。

●決勝
井上さんイン、塚本君真ん中、ワシアウトに並ぶ。塚本君は「乗ってないっす」と言っていたが・・・
妄想をしまくり1stでアウトからインに入り気味でガードできたら素晴らしい、あとは2ndコーナーでとにかくインに入ってブレーキ遅らせよう作戦。
ライン上考えると塚本君に仕掛けるしかないなぁと。
スタートのタイミングはそんなに悪くないが2歩目が凄まじく遅く前に出られる。
a0015597_1234159.jpg

a0015597_12344854.jpg

1stの1個目で車体1個出られているのでラインを変えて頑張ってみる。
a0015597_1235758.jpg

a0015597_12353576.jpg

井上さんが前に出るのは分かっていたのでずっとラインを追ってなるべく離れないように一生懸命ついていった。
a0015597_12361340.jpg

で、2ndコーナー。予定通り井上さん塚本君とは異なるインベタに入れたので頑張ってみる。んがしかし、レース慣れしている彼らは上手く入れないかなぁ~位の締め方でこなす。
ちょっと耐えたが無理だった・・・おしまい、やっぱうまいなぁ・・・なんて再度思う。体制を整え漕ぎ始める迄のラグがありすぎ凄まじく遠のく2人・・・終了。
a0015597_12364248.jpg

a0015597_12365716.jpg

「ワシ人のために働いた、きっと良い事があるんだ」なんて盛り上がって自分のレースが良い結果になるんぢゃあないかと期待は期待で終わりました。
結果としては昨年同様残念レースでしたがレース的には結構楽しめましたし面白かった。
・・・決勝はちゃんと2人残り2.3位になったので凄く納得、おめでとうございます。

来年も開催の際は是非参加します、レース運営された皆様、参加された皆様ありがとうございます。・・・3度目のなんちゃらでエリート?どーしよう・・・。

photo:
dsk24's photostream
AkabaneVisionFILMWeb /UBULOG /I LOVE BMX
毎回ありがとうございます!素晴らしい反省妄想材料です。
トラックバックURL : http://hubgejapan.exblog.jp/tb/14163712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hubgejapan | 2011-12-13 12:39 | 横田の落書き | Trackback | Comments(0)