MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4X nug #3富士見

2012年4Xnug最終戦。
結果がショボすぎるのでUPしないしとか思われるは・・・なもんでUP。


【前日】
今回も富士見パノラマ。前日入りしコースの確認、毎度の事で乗車せず。
路面はパフパフしていて浮いた砂が突然滑る感じ。
第一コーナーのポールオフセットがかなり前進しイヤラシイセット。
Wバーム部分は入り口を拡大しインラインの展開幅を増やしたためラインがかなり出来
インの後半部分が改修されたためインラインが使えるようになった。
最終コーナーが広がり抜きポイントが増え最後迄レース展開が分からない作られたコース内の中でかなり努力されたのでは?と感じました。そういったレイアウトは非常に好感が持てました。

photo:DSK24はこちら
今回ワシはないです・・・だって成績ヘボかったんだもんっ。



【只今の状況】実は(やはり)しょぼい
Bクラスで3位。今季決勝に残ってない状況でなんとなく全部出て予選タイムがそれなりだったからポイントラインキングで3位な具合と正直寂しい結果。
とりあえず決勝に残りたいなぁと思っていた・・・なんもしてないから希望だけです。
湯田はCクラストップ。第一戦で3位、予選順位もまずます、準決勝に残っているための結果ではあるが全戦表彰台、できれば1回は1位取らないとといった雰囲気。

【機材】湯田戦闘力UP?
横田:コースを考慮し前回同様リアサス。
湯田はフォークを13YFOX831(CTD)に交換、併せてホイールも新調。
コースで乗るのは初だがかなり性能UPしている筈。

【FOX 831】是非data提供を。。。
朝タクミに頼まれフォークのサグ出しと調整をする。今迄の831なので自分のdataを元に調整。何か良さそうになったみたいなので一安心。
次は湯田。今迄のFOX831の経験でやってみたがCTDダンパーはまるで違うようだ。今迄ベストと思うサグ値を確保するにはかなりエア圧を掛ける必要があり(120%程度増)そのためリバウンドもかなり掛ける方向。もうしかしたらサグを若干増やすのかなぁ?と疑問になりながらも何せCTDの基準dataが無いためそのまま・・・違いの判らない男なのでまぁいいか。

【決勝当日】
晩からの雨でウエットかなぁ?と思いタイヤをウエット用に交換。
タープ設営のためコースへ。路面は意外にも丁度良い具合。ドライタイヤで丁度良いというか恐らく前日より乗りやすい筈。
設営後タイヤを元に戻す。

【練習】イマイチ乗れてない
前回乗れていた(今年一番かも)のでコース相性は然程悪くないと認識していた。
何か乗れてない。
特に機材変更もしておらず前回と同じ。フロントのみリバウンドを1クリック早くして路面に合わせた程度。
一応ラインは決めておき余り展開したラインは今回探らなかった。
湯田珍しく「フォーク硬いす」と言うのでリバウンドが辛いと判断し1クリック遅くして対応。若干良くなったようだが「このフォーク体力使うね」だって・・・後で原因が根本的なこととは・・・

【予選】完全なミスを犯す
第一コーナーで大幅に滑ってミス。前回一番攻めれたコーナーなのに・・・何とか立て直してWバームは全部インで行くのは決めていたが1つめの飛び出し口をバームに乗り切れず予定より手前から超えてしまい次の山を越えるポイントがインの大きい方に行ってしまい完全にラインを繋ぐ事が出来ず厳しいインバームのラインに入れず失速。ほぼ止まるんじゃないかな速度からの漕ぎ・・・遅い。
お蔭でタイムは27秒・・・Bクラスブービーのタイムで今季最低順位。

【決勝前練習】
最後の10分程度乗って終えようと思い遅くに練習開始。
練習時間残り5分、最後の1本にしようと走った所Wバームをアウトで行くラインでチェーンが外れてデバイスに入ってしまった。
クランクを外さないと出せない状態。レース開始迄10分、駐車場に戻って修理して戻るには時間が無い・・・急遽リジッドに乗り換えた。

【不安を抱える】初めて乗るので・・・
ドライタイヤのホイールセットに交換をしたのでタイヤはドライセッテイングで安心だが、
ステムを今度乗り換えるフレーム用に用意した短いもの(55mm→40mm)、クランクを新型XTに交換済。何故ならばFRG13で当てたフレームに移植するため先行して外して交換していた・・・のはいいがその状態で全く乗ってない状態でした。
コースに向かいながらハンドル位置が悪いのでコース内テントで修正をしてギリギリスタート地点へ。
途中乗車してみても凄くハンドリングが違う・・・しかもリジッドでこのコース乗るのは初。凄く不安。
湯田には「あんま攻めるなよ」と言われる。これね、無理。

【決勝】1回戦敗退。
今回かなり狙っている浜野君、峯岸さんとで1人落ち。
自転車の様子見もあるのであまり攻めずに堅実に2位狙いで行く事に。
ゲートは予選遅いので選べないのでなるべくインで開いていた2ゲート。
恐らくほぼ同時に出た具合だったがアウトの浜野君の加速が良く浜野君に合わせたラインの1つ内側に行きハンドルカツカツ峯岸さんとやりあってインベタ気味で第一コーナーを2位。あとは流すかと思ったらWバーム内側最後のバーム進入手前凹部分でハンドルが切れてしまいリカバをしようと失速。ライン上に居たので後方から来た峯岸さんと接触して転倒、ハンドルぐりんちょしてレース終了でした。
近年で一番駄目な1日です、恐らくSMXのジャム勝レベルでやってしまった具合です。
ちょっと悔しいが、もっと悔しい気持ちになるには練習必要ですね・・・ユダも「フォーク買ったから乗る」言うので練習というか、乗る遊びをしたいと思います。

【他のレース】
ダーユーは準決勝敗退で5-8位は危なげなく5位。焦って召集行った割に一番乗れていたヒートでした。
ランキングがどうなるか今時点で不明ですが「この成績ではB昇格は・・・来年もCかなぁ」と。
ちなみにフォーク硬い原因はCTDノブをCにしていたようで予選後気付いて戻したら調子良かったそうな・・・あぁあ。

ジュニアクラスは実質ヒビキとコウの争い、第一バーム勝負で上手くアウトからコウ君が入れたが被せ切れなかったのと立ち上がりで失速したためヒビキ君が上手く前に出れてそのまま逃げ切り。コウ君惜しかった。

ウーマンクラスは岡崎嫁vsアカネのガチンコ。正直この2人はCでもBでも状況によってはファイナルに残れる上手いライダーの争い。
ゲートで上手く岡崎嫁が前に出てそのまま逃げ切りの完璧なレースでした。フォークもGETしご満悦。。。

Cクラスは前日より積極的に練習して走りやライン取りも綺麗だった若いライダー(ごめんなさい、名前失念)が優勝。面倒臭いライダーが恐らくBに昇格するであろう・・・。

Bクラスはいつもの連中が決勝。同じクラスは面白い。
望月さんが上手く抜けて岡崎さんと浜野君がガチ当たりで侵入、少し開けてサエタクさんの具合でしたが・・・
望月さん逃げ切り岡崎さん浜野君が絡んでさささ~っとサエタクさん抜けて終了。

Aクラスはタクミが遂に決勝、ランキング1位土井君、2位荒金君、2戦目優勝の勇気との対戦。
ドンピシャのスタートを決めた土井君と勇気、けん制し合ってインサイドに入った具合で荒金君が行き場を失い転倒、勇気が逃げ切り体制、後を追う土井君にライン取りで迫るタクミ、Wバームエンド一瞬タクミが前に出たが追い付けず終了。
なかなか良いレースでした。

【表彰式と年間タイトル】
という事でそんな決勝を争ったライダーの表彰式。
Jの表彰台なのでデカいです。いいなぁ・・・
年間表彰時間の都合らしいがAのみ。土井君子供と表彰台、あれいいなぁ。
で、他のクラスなし・・・えぇえええ~!
ちょっとヒドイです。そんな時間かからないでしょう・・・3戦走ってポイント貯めて争う事はクラス関係無いとワシは思うのですが・・・かなりその点残念でした。

【来年は・・・】
何処にもアナウンスされていませんが来年開催の際は勿論参加します。
とにかく参加者少ないのは何故か?あんなに面白いのに・・・。
初参加であろう顔ぶれのライダーは凄く楽しんでいました。
・・・残る4Xレースは恐らくNIPPONOPENだけか?
数か月レースが被ったり予定が被っていた緑山の定期戦も出るぞ。
by hubgejapan | 2012-09-18 22:03 | 横田の落書き