MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クロスレース用リジッド自転車を新調してみようと考える。2

STANTON
SAMさんや裏チャリmrkmさんが所持しているSTANTON Slackline 853の乗り味が絶妙過ぎてこれのクロスレース仕様が出ないかなぁ・・・と妄想しておりました。

以前のインプレこっち。

きっとこのフレームが作れるなら素晴らしいモノを作り上げるであろうと凄まじい期待をしておりました。
Slackline 853は毎回意味もなく試乗をし「これいいなぁ~」って唸っておりました。
・・・所持欲薄い出来ですが、乗ってしまうと欲しい病になります・・・

a0015597_12471612.jpg




4X/DJ
そんな最中、オーナーのDan氏が「開発するぜぃ!」ととHP上で言っており期待をしておりました。

HPは更新されまたもやしょぼい翻訳をしてみると「作ってテストしているぜぃ(しょぼい翻訳結果での妄想)」でした。

とはいえ、何処のメーカーでも定番のDJと4Xが一緒のつまんねーフレームが出来るのかなぁ?とちょっとだけ残念(そもそもこのジャンルの専用を作るだけで希少価値なのですが)な気持ちながらもどうなるか見守っておりました。

その後、更新され詳細がわかりました。リアバックががっつり詰まって全体にコンパクトな(とはいえ、幾分長めかな?)なDJ用とリアバックがDJ用より長くしてトップを長くしながらヘッドを若干寝かせた4X用2種類を作ったようです。
おぉおぉおぉ、2種類!。

FBの方が更新頻度高くそっちでチェックする方が良かったと後で思う。
という訳で代理店が存在しないためこのネタを知るために直接Dan氏にメールをしました。
恐らく4XモデルとDJモデルと分けた様子です(名称同一で2サイズにしたかも・・・とりあえず前三角も後三角も別物だから実質異なるモデルです)。
a0015597_1248018.jpg

蛇足ですが通常はリアバック共通とかが殆どです。

【Dan氏との交信】
ワシのどうしようもない英語と今は便利になったので翻訳ソフトを併用しなんとなく交信。
結局自転車のネタなのでどうにかなるものだ(今の所)
とりあえずワシが自転車が好きである事と何かを求めているようだという熱意は伝わったかな?
交信只今も地道に継続中です。

【価格】
予想以上にフレーム価格が安い(但し予価)、そしてイギリスからの送料がハンパナイ。
(これでも他に比べれば安いようです、ホントカヨ!)
不幸中の幸いは税金免除。
2本買っても1本買っても送料同じようなのでもう1本誰か巻き込みたい・・・
支払はベタにPaypalを使用する(っていうか、一度も使った事ないんですけど)。
とりあえずリアエンドとステッカーを加えてみる算段。
この価格なのだ、出来云々を語ってはいけません。乗って良ければそれでいいのです。
そして失敗したとしても「まぁ、こんなもんだ・・・」で諦めましょう。

・・・っていうか4Xモデルなんぞ1mmも乗ってもいない、いやむしろこれをやり取りしている時にはまだ発売してない状況。何だか先走りしております。

【製造~入手迄】
工場は台湾委託のようです。
何度も言うが価格等考慮すればこのフレームに品質やら出来を求めてはいけない。
(とはいえ、地道に変更をしているようです)
てっきり台湾の工場から日本へ直送と思っていましたがDan氏に聞くと一度イギリスに送ってDan氏自らチェックしてから送るとの回答。
どんなチェックをしているかはわからないが作業工程としたら何気にまともな事をしている印象。
なので別のモデルを同梱してもOKとの回答が得られている訳です。
ちなみにこれをやり取りしている時は4X/DJの製品を製造中で8週間しないとモノが来ないとそんな具合。
あ、恐らくそんな事が書いてあったと思う、きっと。

【ディメンション】
余りにもざっくりな数値しか知らないので図面入手。
とりあえず写真で一番知りたかったBBハイトを確認し「あ、これなら大丈夫」と確信。
その後図面を依頼中、FBや貰った画像を見ると恐らくAutocadで2D設計したようです。
a0015597_12565738.jpg

もったいぶるかんじで・・・(何せDan氏に了承もらってないから)

Dan氏の説明をつけ加えると100mmフォーク装着1Gダッシュの値で20mmのサグにて設計している値。
マニューバスペース長は記載が無いので(普通はない)貰う予定である図面から値を計測してみましょう。
個人的にはBBハイトを基準としてマニューバスペース長と想定フォーク長が分かり補足でホイールベースとリアセンターの寸法がそれなりに分かればあとは味付けレベルかもと思っています。
あ、シートチューブの角度も・・・

と書きつつ正直言って例えばヘッドの角度などどうでもいい。

そもそも図面の値がどうなった時の値であるか読み取る必要があり、ただ並んでいる数値をごにょごにょしてもしょうがないのです。
ちなみにホイールベースに影響するので一概に言えませんが100mmフォークで20%サグを出すと約1度程度ヘッドアングルが変わります。

・・・だからってどうでもなんですが。


先程書いた作図時の基準のフォークが何で0Gなのか1G(正確に言えば1G´か)か、サグの値が幾つかとそういった事が絡むという事を実はあまり気にしてない方が多くそれ分からなとごにょごにしてもしょうがねぇよと思っております。

基本的な考えは前後ハブ軸の線を結んだ所にあるBB位置を基準値としてどうなっているかを見れば良いかと思います。

あ、脱線した。

【仕様他】
素材は鉄、そう言えば何のチューブ使用しているか聞き忘れた。
多分レイノルズのチューブなんぢゃなかろか?何も記載無い(いや、ちゃんと読んでない。いや、読めないからか・・・)のでわからん(後で確認をしよう)。
ヘッドはインテグラルのOS、BBはPF30。
割と最新です。テーパードのヘッドではないのは恐らく鉄のチューブが無かったからかと思います。とはいえ、ヘッドパイプはオリジナルです。おぉおぉお。
何故だろう?と言いつつもうどうでもよくなっていますが・・・

リアエンドが付属で1つ付きます。良心的です。
色はローフィッシュ(クリアー仕上げ、以前より塗装強度UP)と黒のようです。

・・・続く
by hubgejapan | 2013-03-05 00:00 | 横田の落書き