MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

4Xnug 桑名

ちょっと忙しいのであとで書き足します。

【結果】
●横田:Bクラス・予選7位/11人 決勝ファイナル・4位
●湯田:Bクラス・予選10位/11人 決勝初戦敗退3位/3人
a0015597_22314118.jpg


photo:dsk24
a0015597_2254615.jpg




2013年最終戦の4Xnugに湯田と共に参加しました。
場所はスポーツマジック桑名。
このコースも幾度と通っていますので状況は分かっています。
正直桑名に行くのは「遠征遊びのついでにレースみたいなイベントを楽しむ」ためです。

【宿が無い!】
さて、毎回適当に宿を探し何となく毎回サンキューで泊まれたのですが、何と今回宿取れず、そして恐らく桑名の宿は殆ど電話したと思います、全滅。
途中間違えてラブホにも電話してしまったりしながらも何とか隣の四日市市のビジネスホテルを予約する事に成功したのでした。

こういったハプニングも遠征をするイベントには重要な思い出です。

【桑名は遠い】
「新東名使えば5時間あれば行けるね」と踏んでいました。

今回はウチのクルマで湯田に運転してもらい快適に行くという完全な楽したいモードを選択。

そして自分のクルマの助手席に初めて乗りました。そして凄まじいシートポジションであった事が発覚し調整。。。何せ座面が一番高い位置で凄まじく不快だった。買ってからいじってなかった・・・今迄色々な方が乗車されたであろう、不具合でごめんね。

さて、話を戻し結論から言えば東京から出るだけで2時間掛かりました・・・事故渋滞。

途中ガリタ食堂期間限定ショップに行ってブランチしたりUFOキャッチャーで1000円使って何も取れなかったりインターネットラジオの番組選定がポンコツ過ぎて全くノレない曲ばかりセレクトしたり結局7時間30分掛かって桑名に到着。ちなみに湯田、此処に到着するまでにおおよそ5000円を消費。

【乗る】
2時間だけ乗る事にした。2000円を払いコースへ。

4Xnugのプロデューサー内嶋君にコースセットを聞いてみたり、ライバルの走りをチェックし誰が乗れているか、どのラインを走っているか確認。もう此処からレースが始まっているんです!なんて。
早々終了しライバルらが練習し過ぎて翌日筋肉痛でポンコツになっているのを期待。
ちなみに私、前日東京モーターショーに行っていたので脚が筋肉痛である。
(後日自転車っぽいネタを掲載します)

【セッティング】
ブレーキは交換した。最初オイル出ていたが収まった。効くから大丈夫。
タイヤは今回前:KENDA SLANT6 2.1 リア:KENDA BBG 1.9
前後2.7kg/cm3にした。後ろは交換+エア圧3.0kg/cm3にすべきだった。
サスペンションはフレーム特性に合わせ初期を動かす方向にしたのがタイヤのエア圧下げたのと相乗効果で効果テキメン。リバウンドはフィーリング重視で1クリック速くした。

【四日市】
さて、一路宿へ。相変わらず道を間違えながらのホテル迄の移動。
途中オープンしたてのカインズホームに行きカラフルなポリタンクに萌えたり、きのこ栽培キット980円を買おうかどうか迷ってみたりと相変わらずの脱線振りで楽しみホテルへ。
湯田が「四日市はトンテキなんだよ、トンテキ」って言うので夕飯はトンテキにする事を決定。
ちなみに食べログの評価が両極端過ぎてアテにならない事が分かったのでこれは駅前をパトロールして店を探すほかないとなった。パトロール開始。

・・・激しく汚いアンパンマン、何とこの汚アンパンマンに値札が付いている!恐ろしいおもちゃ屋ペンギンを発見、即入店。
a0015597_22405229.jpg

結果、10年位前のトミカの周年記念セットとか買ってしまいました。
a0015597_22393624.jpg

・・・昨年、一昨年の桑名と同じような事をしている・・・
店の人に「トンテキおいしい場所は?」と聞くと「どこも同じ」と素晴らしい回答。
「あ、すぐそこに行けばいいよ」って言われて2軒隣の店を紹介され其処(一楽)で夕食。食べ過ぎた。
a0015597_22383876.jpg

その後パトロールを再開し神社でお参りをして戻る・・・夜中鍵を持たずドアを閉めるハプニングをメイクした。
a0015597_22413217.jpg

・・・四日市、何か面白いかも知れない、いや、ペンギンが面白いだけだ・・・そして後日そのペンギンがどんぐりのわんわんと同級生である事も発覚した。

何気に息子さんの話をしたのでわんわんとその息子さんは一緒なんだ。
そして何故荻窪ラーメンが此処にも。。。
a0015597_22414134.jpg


【一路コースへ】
何事も無く就寝をし普通に起床。
朝食を食べコンビニで昼食を買い特にハプニングも無くコースへ。
昨日の疲れは無い。いや、未だに東京モーターショーの筋肉痛が収まらない。
そして「あぁ、乗りすぎた、マメできている」ってだーゆー。
a0015597_22443779.jpg

んなわけねーだろ。あ、ワシも
a0015597_22452799.jpg


さくっと乗ってゲート練習も3本位と軽くやって終わり。
a0015597_2242147.jpg

・・・何せ筋肉痛で・・・
びっくりしたのはコースセットが予想外だったこと。

【タイムトライアル】
他の人のタイムを聞きながら「恐らく35秒中盤」と自身のタイムを予測、きっと3~5位と。・・・んがしかし、昨日から乗れているライダーが33秒台。あぁいかんと思った、予想的中。
スタートでSPD入らないし特設コースで両足外れるしバタバタで予定通りの35秒。あぁヒドい。
速攻ペダルを交換した。
a0015597_22424082.jpg


【決勝】
●準々決勝
大野君と湯田とで1人落ち。ダーユー「もう無理ぢゃん」って。
ややや、大野君は4Xバイクをパクられてしまいシングルである、そう、スタート最初遅い。
なんとかなるんじゃね?と思ったが1コ目の山で抜かれた。あとは体力温存で2抜け。
ダーユー終了。

●準決勝
もうメンツはファイナルみたいなもんだ。
もう毎度のメンバー望月さん、スガッチと。
昨日菅本さんが乗れているのは見ていたし予選も3位。
「インの大野君とスガッチで合体してくれないかなぁ」と淡い期待、きっと何かラインは出来ると踏んで2バームで抜くのはこの時点で決めていた。何せ予選タイムがポンコツなので4ゲートしかない。
とにかく集中した。何か上手く予想通りの展開+望月さんがゲートに遅れたので何か良いポジションで第一バームを抜けて3位で加速出来予定通りインラインで望月さんを仕留めて2位でファイナルへ。
「すんげぇ~気持ちいい展開」であった。
この日一番の予想通りの運び。

●ファイナル
正直準決勝でもう集中が切れてしまっていた。悪い癖だ。
で、メンバーは昨日からもう走りが違う宇津君(未成年)、決勝からまるで抜けない大野君、昨日の練習でもこなしが安定していた浜野君。これさぁ、辛いなぁ。
ゲート並びから宇津君がしくらないと2ゲートの大野君が頑張れないし、浜野君の位置からだと相当ゲート上手く行かないとダメなんじゃねぇと思っていたが予測通りだった。
結局未成年宇津君余裕逃げ切りの2位争いレース、3位のポジションだがキープせず仕掛ける事にした。

黄色パイロン後のラインでやろうかと思ったが我慢出来ず第二で仕掛けた。
a0015597_22484412.jpg

上手いラインで負けて失速、後ろに居た大野君との距離が凄く縮まってしまい焦る。
a0015597_2247424.jpg
a0015597_22472159.jpg

折角練習した最終コーナーの進入をミスりインベタラインで大野君に気持ち良く抜かれ4位。
あぁ、後味悪い終わり方だ。レースをした感たっぷりだが負けた。
結果4位。
a0015597_22491650.jpg
a0015597_22493442.jpg

・・・こんなもんだ。自転車は凄く調子良い。満足だ。

【帰宅】
実はこの2年帰宅経路を間違えるトラブルをしている。何故か名古屋を高速道路で観光してから帰っている。どうしてだろうね?
今回は何と間違えず行けた。刈谷のPAで風呂と飯。
刈谷PAの風呂は素敵だ、来年も此処で風呂だ。決まりだ。
お土産も買う。あ、酒はないんか(それは去年も思った)。何故かワシ、おっさんに説教をする。
試食は沢山食べた。もうそんなに盛られても喰えないよ湯田君。
・・・満喫だ。そして渋滞も満喫・・・いや、もうこれどーにかならんか?

運転はダーユーは90%以上やってくれた(趣味:運転、ドライブではない)のでラクチンだ。
ありがとう、午前半休野郎。

そして6時間30分で帰宅できたのでした。
a0015597_22551481.jpg

a0015597_22555846.jpg

内嶋君、ユキオ君お疲れ様。
そして参加者の皆さんお疲れさま、また来年の開催、楽しみにしています。
トラックバックURL : http://hubgejapan.exblog.jp/tb/19059529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hubgejapan | 2013-11-28 01:37 | 横田の落書き | Trackback | Comments(0)