MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

JOSF2015ファイナル

10月から乗らず今に至るというなんともな状況。

あ、正確にはツルタマ行ったからその分あるか・・・(にしても少ない)

a0015597_314847.jpg


よし、どっかの犬の人のblogのように放置されず遅延時間を戻したぞ。



さて、とりあえず湯田を拾い一路緑山へ。
もうフォークの件で悩んでもしょうがないとひとまず忘れ前回から変更を入れる事無くレース。

今回は「もうとりあえずいじらない」と決めていた。


そんな事で練習。

多分乗れているかも知れない、と思った。ちょっと期待。

何故ならばフォークの使用ストローク量が増えたから。ちなみに前回は60mm位しか稼動してなかった・・・。

そして何気に足がそんなに疲れない。マラソンしたからだと凄まじい勝手な解釈。


モトは2モト。で、ボードを見て驚愕・・・モトが酷いのなんのって・・・
深川金子の匠セット、どんぐりACE、カズホ、川島君・・・ええともう既に決勝みたいなもんですけど・・・凄いクジの引きっ振りにびっくりした。此処で2人落ちて。

目標=ドベにならない(結構ハードル高い/既に決勝に残るなんて無理と判断)



とりあえず決勝3本走れるから面白いと思ったのとどれだけ離されるのかなぁ?とそれについても興味があった。



【予選】

1ヒート。大外のゲート。スタートは期待していないので(そろそろ練習しようよぉ・・・)多分ドベだろうと予測したがびっくりする位舗装路から1個目の山で離される。ゲートタイミングではなく其処から1歩目~の加速がまるでないという事実がよくわかる。

そして皆ライン取りが上手で第一バームで全然入れない。「おぉおレースしているなぁ」とテンションあがる。引っ張ってもらっているので走行スピードがえらい速いのだがこのまま行くと絶対とっ散らかる気がするため抑制、そう、ビビった。予定通りドベ。



2ヒート。もうちょい頑張ろうと思った。やはりスタートしてからがまぁ遅い。単純にゼロからMAXになる迄の加速パワーがまるで無いんだろうなんてと走りながら考える・・・とりあえず第二バームで抜けるかなぁと思ったが微妙に距離足らずもう最終バームで頑張ろうと思いインベタで入ったが行ったラインは思い切り濡れていてタイヤもフォークも頑張ったが切れちゃうハンドルをコントロールし切れずコケてドベ。自身で攻めたからよしとしよう。



3ヒート。ゲート捌きは良かったんじゃあないかなぁと思った矢先やはり舗装路でドベ。瞬発力というよりゲートが開いてから下る迄のぺダリングがヘボいという事だ。2ヒート目より距離がある残念な具合で何も出来ず終了のドベ。おぉ、全部ドベだ。



【レースを終えて】

改めてフォークを見るとほぼほぼ動いている。やっぱレーススピードが上がれば動くのねと思った。そう、トップと思ったよりも離されなかった、もう1ストレートは差が出るんじゃあないか?と思っていたが其処まで離されなかった。それでももうちょいこのメンツでも接近戦したいなぁ。結局自転車に乗っている量や時間に結果は比例するのを改めて思う訳です。



そんな訳でレースの結果だけ見ると非常にしょっぱいが今年の緑山で一番良かったんじゃあないかと後片付けしながら思いました。来年はもう少し乗る量を増やしたいと思います、何時も思っておりますが・・・
by hubgejapan | 2015-12-31 03:14 | 横田の落書き