MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

FRG

富士見に行って来ました。

a0015597_1248096.jpg

(photo:MTBSTYLE.COM
※多分練習中だと思う・・・?え?

とりあえず書いたぞ。



●芝スラ。
結局睡眠時間殆ど無い状態で富士見到着。
グダグダしていたら練習時間残り30分。練習多分数本(途中こける)。
今回は自分好みのポールセット。テクニカル~イヤラシイターンの連続。
意外にリズムを崩しても修正しやすいポールセットでした。
こういう切り返し系は好みです。

フロントはベタにネベガル、リアだけ雨神様対策でmimo。
裏目に出た、とにかく湿った草が絡んで引っ掛かり突然ロックする。怖っ。
とはいえ晴れて来たので路面の状況はよくなる。練習の時は最悪でした。
お陰でこけた。
とはいえ基本的にスラは機材とかはあんま関係無い。いや、リアサスだのリジッドだのどうでもいい、所詮同じ。基本の操作が試させる競技です。
ハードな天候になった際は間違い無く雨タイヤが有利な程度、あとはタイヤに山があればどうにかなる。
セッティングはこれまたいつもの富士見セッテイング。特別な事はしません。
チキンなのでサスのリバウンドを1/4回転程遅くした。

●予選
オープンなのでタイムでABCと分けられる。
湯田、横田と順番で走れた。50音順なので予選が遅いお陰で路面は乾くし草にラインが出来るからグリップ状況はちょい有利?
鬼門は黄色総帥指定ラインを走りちょっと欲を出してポールベタベタで最後の3ポール全部旋回したらペダルをポールに引っ掛けていたようで地味~に失速していた。ラインは悪くなかったかと。。。
タイムは殆ど均衡した感じの予選8位。こんなもんか・・・。湯田は虚偽走法でBクラス!

●決勝
殆ど練習をしてない青ポール。最初の3、4ポールを気をつけて後半の水切りを注意すればなりゆき。
赤ポールとの差は多分1秒あるかどうかと推測。
走る。大きなミス無く終了。
a0015597_12505184.jpg

2本目は赤。
此処からLOVEBIKESの市川さんから工具を拝借し車載カメラを装着して走る。
映像としてはオモシロイが転倒は避けたい。
勝ち進んだら赤い見慣れないフレームを操るグルーヴィーの白倉さんと対戦、かなり頑張るほか無い。
赤ポール、地味~にミスって大きく曲がる4個目と7個目でオーバーラン、最後の1.2本のライン取りでリズムを崩してアウトに振れた。タイム差ちょいありすぎな感じ。
青ポール。意外に良い具合で走れた、いけるかもなんて思ったが水切りで思い切り引っ掛かり失速、リズムを完全に崩し終了・・・負けた。ワシのFRGは終了。
(多分車載カメラでそんな映像が写ってる筈)

ブースを回りながらCSRハタマチさんの長男イヂリをして遊ぶ。

●雨神様湯田
虚偽走法が功を奏し勝ち進む。明らかに練習2本で予選をヘボく走った走り方とは異なる。
コースに慣れてきたようで攻めている・・・だんだんやる気を出している、危険だ。
a0015597_12534932.jpg

やる気出している・・・

すかさずワシ、やる気を幻滅させるように搬送をする事とした。
そう、湯田神様はやる気を出すと雨が降るシステムなので天候が心配、MTBSTYLE.COMの雨神様も写真が上手く撮れて来たとやる気全開・・・やっぱり雨が降った。一時中断。

●ドーピング?
雨神様対策のタイヤが遂に使えそうなシャバシャバコンディション。
早速横田車からリアタイヤを外して装着。多分これで勝てる筈・・・
同じフレーム乗っているからブレーキとか全く問題なし。こういう時に同じフレームだと便利だと再認識。
a0015597_12522579.jpg

途中ビビってる。ダメだ、アレでは・・・。
猫になんとか、豚になんとかかも知れない。

●湯田の結果
3位。・・・微妙。ある意味ドーピングタイヤなのにぃ(4ターン目の泥の飛び方が違う)。。。
機材殺しです。とりあえず表彰台だからよしとしようか。。。
っていうか、ワシの成績がしょぼ過ぎる。でも悔しくなく面白かっただけの印象でした。
それが運動会みたいなFRGの醍醐味と思います。

ありがとうございました!
トラックバックURL : http://hubgejapan.exblog.jp/tb/8783990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hubgejapan | 2009-08-10 00:00 | 横田の落書き | Trackback | Comments(0)