MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

SMX富士見

行って来ました。。。

結果はオープンエキパ2位。見栄え上の結果いいかも。。。



【練習】
この前のJOSFナイトレース以来のレース。練習はガキの付き合いで先週幕張でちょい飛んでみた程度。前日入りして練習!って思ったら雨で30分やったかどうだか。。。
孤独に雨の中走行、多分きっと「あいつ練習してない言ってやってるじゃん」って思ってるに違いない。

【当日】
当日練習いっぱい頑張ってやろうと思ったが疲れた、そんな姿を観た塚本さんは「がんばってるねぇ〜」だって。。。「こんな時じゃあなきゃ乗らないので。。。」ってそんな感じでした。
あ、ムラカミパパに第三バームがハードにヘタクソってバレた。いや、再確認されたが正解。
ワシの身体の前にフォーク死亡。ノブからオイルダダ漏れでふにゃふにゃ。凹。

【予選】
予選はエキパであればいいやという具合でコケないように丁寧にこなして11位。
こんなもんです、ワシ、今日凄く上出来。
ワシの勝手にライバル視している岡崎さんにタイム負ける。現行YETIのリジッドをちゃんと乗りこなすライダーの1人(只今ワシの中で2名しか居ないぞ)岡崎奥さんに「速かったぢゃないですか」って言われた、これ今日の収穫。。。ややや、奥さんとタイムあんま変わらないから。と岡崎夫妻に挟まれるワシ。

家族にも「多分決勝1本で終わるぞ」って宣言。

【決勝】
今回何かレースらしいレースはやってないです。多分1/16でヨウスケとガチでやったの位ですか。
(本人ハードに凹んでいました。昔を言えば藤原カイト、永田ジュンヤ、9シマ勇気もそんなだったから。そんなもんです)
yurisのyukiさんに「またやっちまいました」って報告したら苦笑。
きっと伸びるライダーですからちゃんと確保しておいた方がいいですよ。
あれはの隣の峯岸さんがスタート直ぐから斜めに来たせいだ!(断言)それだから1/8のゲートで「ウェイト」できなくて負けたのです(そうしておこう)。
そんなワシ、既に膝終了。ゲートでれねぇ〜って感じです。

そうそう、岡崎さんあれだけ「次一緒に」言ったのに居ないし。

1/8も決勝もそんなで普通に走って2位、決勝も勝手に周囲がとっちらかってもらえたお陰で誰も抜かす事無く2位で終わりました。1位は大野さん。。。ってなんでオープンに居るの!
周囲からも「いつの間に2位?なんで?」って、、、皆不思議そうな顔。ホントそうなんです。ごめんなさい。
横山さん頑張りました。あはは。。。霜ちゃんに「練習しないのにハブ毛ジャパンはいい所に居るんだなぁ」とかそんな事を言われた。あ、偽お父さんありがとうございました、1号喜んでいました。

HEMIっこに「後半ばててたな」「スタート遅過ぎ」って散々です。えぇ、その通りですよ、後輩。
もうちょい練習するさ。。。

表彰台で「いつもありがとうございます」と高松代表。「どもども」って挨拶。
いつもの携帯写真無かったのはその時携帯行方不明にしたってのは秘密(後日見つかる、内嶋さんスイマセン)。

じゃんけん大会は2回もファイナル戦を失う1号、あいつはきっと損をする人間です。周囲失笑。
インハビのステッカーを偽父の霜ちゃんにもらえたので良かったです。今日1番の収穫。

プロクラス、栗瀬裕太レース、KOD、Wウィン!「調子悪いんですわ」って決勝前言ってましたがさすがです。私的には9シマサンタに勝ってもらいたかったが2位。今日はいけるって思ったんだけどなぁ〜。
トラックバックURL : http://hubgejapan.exblog.jp/tb/9122649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by the-riddlebikes at 2009-10-19 17:14
やっぱり4Xではそれなりに乗り易いですか、ハブ毛フレームは?

緑山では確実にリジッドフォーク率が上がっていました。先月より。
ナニが起こるか、まったく先行き不透明。笑
Commented by 横田 at 2009-10-19 19:42 x
日本の土壌でのクロスレースであれば多分総合的に乗りやすいと思います。その予定で造ったのですから・・・。海外レースフレームをのりこなせないという根本的テクニックなしという理由が大ですけど・・・
再確認する上で他社フレームを幾つか乗り比べたいです。

予想外の展開は緑山が速度域が一般人では出しにくくテクニカル過ぎる点があるからリジッド化してみようと思ったのでは?本当の緑山専用品を作っても良い気がします。サスペンションを装着しても低速の加速が良くて反応が速いがピーキーではなくフラつかないフレーム。

SMXではサスペンションフォークである利点とサスペンションセッティングの重要性の再確認をしました。ダンパーぶっ壊れるとコーナリングではどうしようもないです。それは緑山でも。サスペンションはコーナリングでの武器になりますから。

コーナーが上手くてジャンプミスっても大丈夫ならばリジッドフォークでもいいですが多分ワシは採用しないと思います。

何故ならばワシはヘタだからその分サスペンションフォークという機材でカバーするほか無いからです。
Commented by yuki at 2009-10-20 05:46 x
SMXお疲れ様でした。あれは苦笑いじゃないですよ~。勝負の世界は厳しいしましてや4X。通らなきゃいけない関門でもあるので良い経験だと逆に感謝しております。多分今のエリートは皆それを通ってきてるはずだし。

確保・・・・引き抜かれないようにしっかりと見張ってますw
Commented by 横田 at 2009-10-20 10:36 x
お疲れ様でした。クロスレースは幾ら単独で速くてもレースでは駆け引きなので何処で仕留めるか抑えるかといった戦略を考えないといけないので経験量と他のライダーチェックをしないとやっぱり勝てないです。トーナメントだから前が近くても2位であれば変に追わず次のヒートに進めればOKと・・・1/16は第一バームで引いて第二で仕掛けられたら確実に負けたので第一バームで不利なアウトから仕掛けてくれたから「ラッキー」って感じでした。単独で遅くても戦略勝負である程度どうにもなるからクロスレースは面白いです、大人ってセコいんです。
by hubgejapan | 2009-10-18 23:51 | 横田の落書き | Trackback | Comments(4)