MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

緑山適正MTBとは?

最近更新疎かなので。。。あ、今年も宜しくお願いします。

さて、コース改修をしてかなりMTBには辛いというか、今迄のコースよりテクニカルになったコースに対してどんな自転車が良いかを考えてみました。



【BBハイト】
そもその自分自身はここの位置がスタート地点であると考えるので。
世界的な流行とは異なるBBハイトかと考えます。
いわゆるBBハイトが高いフレーム。
何故ならば深いギャップを攻略する、初期加速の向上、速度域が低い点を考慮するとフレームを選択する上でこの値は参考になるのでは?と思います。
高速域が弱いフレームでも対応出来ます。

【フレーム特性】
第二バーム以降、特に第三〜第四ストレートが忙しいコース。
余り反応の良いフレームは上手くないととっちらかる可能性が高いです。
かと言って緩慢なフレームはスタートから第一バーム迄の加速感が得られないの此処らは自身の苦手なパートに絞った方向での選択もアリかと思います。
少なからず思う事はオッサンは後半に絞ったフレーム選択をした方が怪我しないで済む可能性が高いと言う事です。
但しコーナリング性能を犠牲にしたフレームは確実に推奨しません。
何故ならばタイトターンが多いコースである点、団子状態でラインチェンジを多用する可能性が高いのでそれらに対応出来る能力があるなら犠牲にすればとも思いますが正直疑問です。
平地にするっと旋回出来る素直なセッテイングの方が操作が楽です。

【フォーク】
速度域が低いのでサスペンションフォークを硬めにする傾向があるかとは思いますがそれならばリジッド化した方が良いと思います。
世代が古い(硬くしないと使えないフォーク)ならば特にそう思います。
しかしながらサスペンションフォークを使用する点はリカバーとコーナリングではないかと思います。最近のフォークはおいしい所しか動かないので普通にセッティングすれば良いかと思います。
一度普通のセッテイングにして走行したら新たな発見をすると思います。
ヒントを言うと第二バームのラインが増えます。

【ホイール】
クロカンホイールが使える。
今迄自分はコーナリングやそもそもの強度リスクを承知でクロカン仕様のホイールですがとにかく速度域が低いので有効かと思います。回転系の重量が軽い方が有利です。
意外にホイールのセッテイングやメンテを怠ってる人が多いです。
「フレームがしなってヤワで」「加速しない」という場合、結構な確率でホイールを疑ってみると解決する場合があります。グズグズなホイールな場合多いです。
ホイールを替えるとガラっとフィーリングが変わります。
参考迄に人の自転車を借りて乗る際、ホイールをチェックしてから乗ってみてください。
(乗り味を容易に騙す事が可能ですから試乗車を作る上でホイールは重要です)
カセットが合致するならば人のホイールを借りて走ってみると違いが容易に感じれると思います。
個人的にはフレームとホイールは同じ位選択する上で重要かと思います。

【タイヤ】
転がり抵抗が低いかなり細いタイヤでもいけるのでは?
これについては自身で実地研究をしていないのでコメントを控えますがおかしなタイヤが流行るかも知れないと思っています。
(過去に実はやっていますが、以前のコースだと速度に負けて使えなかった)
ヒントを言うと「見た目がしょぼくなる傾向」

って書きつつ昨年の最終戦で予選落ちてるんですけどね〜。
トラックバックURL : http://hubgejapan.exblog.jp/tb/9572940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hubgejapan | 2010-01-05 00:22 | 横田の落書き | Trackback | Comments(0)