MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【不定期ネタ】日本のクロスレースの現場 vol.11

知っている皆さん何気にこのネタ嫌いじゃあないようです。
意外にこの範疇の情報が少ないんですね、きっと・・・。
今回はJOSFエキパクラス、昨年のNIPPON OPENではクラス優勝をしている緑山ではお馴染みのteamYELLOWのSAMさんのバイクチェックになります。
ゲートからのスタートが速く今は競輪選手となったBMXトップライダー黒田淳が「あの人スタート速くねぇか?」と言わしめたゲート捌きをほこりますって書いておけばいいか。

a0015597_21251098.jpg


オーナーは左のおっさんだよ、右はどんぐりのエースね。



a0015597_21261014.jpg

モデルはリリースとほぼ同時に乗り換えた現行型のインテンスのHT。以前もインテンスのHTを乗っていました。インテンス病ですね。
目を引くベタな黄色はカドワキコーティングで施されたもの(ですよね?)。
ちなみにインテンスのレギュラーカラーではないです。

a0015597_21263648.jpg

フォークは最新の12Yモデルの831。実は初期型のカシマコートではない初期モデルの831から交換をしています。その前は15mm軸のFだかフロートだった記憶が、いわゆるFOX病です。今回テーパードにしたのかしら?はて?
ストローク量は標準の100mm、セッティングは割と動かしながらもリバウンド遅めの方向ですがどのコースでもロックアウトはしてなかった筈です。スタート重視でロックアウトさせる人を全否定する仕様というか、ロックアウトしなくてもスタート出れますの良い参考になると思います。
チラット見える黄色のハブ毛が泣かせます。

a0015597_2127933.jpg

ハンドルはイーストンのEA70midを確かノーカットにしていたような・・・グリップは定番のロックオン式。
ブレーキは旧型XTR、シフターも同じ。ステムはトムソン50mm、ヘッドはKINGです。
(暫定でSLXがリアブレーキについていますが交換するようです)
写真奥に見えるサドルは見た目にインパクトがあるTIOGAのスパイダーに定番のトムソンピラーと軽量化を意識。自転車上方の軽量化は個人的トレンド、結構此処の軽量化は効きます。

a0015597_2130224.jpg

以前ハンドル高さを悩んでいたのですが結局ベタ下げに落ち着いたようです。レバー角度はこの角度から見ても分かりますが標準的な角度より少し下げ気味です。確か塗装前のヘッドパーツは違った筈です。なんだっけ?まぁいいか。

a0015597_21274378.jpg

クランクは強靭なSAINTの175mm。長さの理由は回転系ではなく一発漕ぎ重視なのでしょうか?肉厚なE13の35Tギア板にデバイスはガイドタイプ上のみと潔い仕様。ゴールドのアルミの4ピンにゴールドのギア板とこんなギラギラが似合うオヤジも少ないでしょう。。。35Tを選ぶのも何か意図がありそうですが聞き忘れました。
ペダルは泥詰まりの少ない現行DXで基本SPD。更なる車体の軽量化のためXTのクランク+BBもセラミック化を検討しているようです(・・・ここ「乗り手の軽量化」って突っ込み所)。
チェーンは定番のXTR(もしやYUMEYA?)、KMCのゴールドとかおごらないのかなぁ?なんて。

a0015597_2128206.jpg

リアは旧型9速のデュラエースのSSに12-25Tのこれもデュラエースのカセット。カセットは実は迷っているようです。
恐らく18TでスタートをしているのでMAX21Tにしてよりコンパクトにしようか否かなのかも知れません。
「その考えなくはないです」
ちなみにリアは一番詰めています。

a0015597_2129015.jpg

走りに影響するホイール周りは金色に輝くイーストンのヘイブン。持ったら凄まじく軽く見栄えもいかついセレブホイール。多分ガシガシこのホイールをレースで使ってるユーザーって少ないと思います。
これも自身の軽量化ではなく「・・・カーボンにしちゃおうか」とまたもやおかしな事を言っていたので見栄え含めI9を推奨しておきました。
タイヤは割と珍しい小さいブロック詰まった感じで触った感じコンパウンドに腰があるミシュランのデュアルコンパウンドモデルのチューブレス(多分日本末入荷モデル)、太さは確か1.95辺りだかです。結構好みの特性だと語っていました。確かこのタイヤは緑山だけだったかなぁ?
チューブレスなのでサイド剛性があり硬い印象。触った感じ軽量チューブで4kgf/cm2位入っていそうな硬さですが「2.7kgf/cm2だよ」との事。
ブレーキローターは軽量なモデルを使用、レバータッチより軽量化を重視しているようです。どうせブレーキ使わないから・・・なのでしょうか?
このホイールセットなら正直交換必要無いレベル高いセットです。

a0015597_2155471.jpg

ぱっと見、レースやらない丘MTBっぽいですが、パーツの細かい選択やセッテイングを見ると乗っているなぁと思いますというか、一緒にレースを走れば分かります、エリート昇格ライダー殺しのえらい速いオヤジです。

どうでしたか?なかなか資金的に真似出来ない仕様ですが、ちゃんと使いこなしている例でした。
by hubgejapan | 2011-10-19 21:59 | 日本のクロスレースの現場