MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キャリアを追加しました(きっとこれで最後だ)

皆さんキャリアネタ大好きみたいなので別にコーナー作製しました。
自動車への自転車積載関連

さて、自転車遊びをする上でクルマ移動が多いため積載量が激しく少ないトゥーランにちょっとだけ荷物が多く積載できるようこまごま追加をしました。
a0015597_222575.jpg


※重要事項追記



【経緯】
現状Rapid System 757のベースにアルミエアロバー869を装着、その上にThule DYNAMIC800のルーフボックスを装着していました。装着当初は満足でした・・・

んがしかし、ルーフボックスにまるで荷物が入らないという事と後ろに沢山荷物を入れると激しくトラクションが掛からず坂道登らないとクルマの特性上の問題発生。キャンプの時に荷物大量満載したらリアだけ地上までわずか70mmになってしまい少々の段差でえらいことになります。もう天井に積載量を増やして車高を全体的に下げる工夫?をするほかなくなりました・・・そんな理由からThule Xpedition 820ルーフキャリアを導入する事にしました。もう天井がお祭りの神輿みたいになってしまいますが諦めましょう・・・


【意外とハードル高いかも知れない】
で、実践の前に計測。

結論はアルミエアロバー869の長さが足らなくて積載困難です(これでも推奨よりも長いのを装着したのですが・・・)。はい、バーを新規に買わないと装着できません・・・そしてThuleに確認したらthuleスライドバー893ではないと希望している長さが装着できないとわかりました。スライドバータケー!(1620mm/50,400円!)。ちなみに阿部商会に直で問い合わせました。
a0015597_223297.jpg

(↑こうやってズズズズ~なるようです)

何故装着できないのか調べたらバーとフットを繋ぐ切り欠きが少々足らない事が分かりました。ちなみにスライドバーが何故装着できるかと言うと切り欠きではなく溝全貫通になっているからとの事です。
a0015597_2245866.jpg

(この写真だと下の箇所です。これはアルミエアロバーです)

で、バーはともかくクルマを実測すると一番長いエアロバー863を装着した場合、バーの長さが車体全幅より出ない事も分かりました。一応スライドバー893も付きそうですがちょっと邪魔っぽいです。

やっぱり価格を考えるとエアロバー863にしたい・・・


【バー装着しました】
「んなの切り欠き増やしてつけちまえ!」となりthule5年補償を無視して自分で加工する事に決定。

一番長い1500mmあるアルミエアロバー863を失敗しても凹まないようにヤフオクで未使用品の箱潰れの旧品(鍵なしモデル)を確か2000円で購入、早速加工。
意外とこのアルミが硬くてびっくりしましたが無事ボール盤でフライスのように動かして加工完了(工具がこれしか無いんだもん)。ハンドドリルでは加工困難です。
a0015597_225147.jpg

(※自己責任による自分で加工をしました。メーカーやショップにて加工依頼や問い合わせはNGですよ)

加工時間はおおよそ1時間、2本のバー4箇所延長加工です。
どうで隠れるのでそれなりに綺麗であればOKです。あ、寸法は重要ですよ。
a0015597_2255714.jpg

(この時点でやすり等の仕上げはしていませんがボール盤のみの割にはそれなりに出来ているかと思います/自己満)
バーの交換/装着は速攻できました。あ、独りでできます。

長いバーに凄まじく端に装着されたルーフボックスというダサい姿で数か月過ごし先日遂にキャリアを装着しました。
a0015597_2255379.jpg

(この無駄空間はなんだろう・・・一応タープくくりつけたりしたけどやっぱ無駄空間です)

【キャリア装着しました。】

このキャリア、正直よく出来ています。あ、今回自分で組み立ててみました。モデルはThule Xpedition 820
a0015597_22724100.jpg

単純にアルミエアロバー863にDYNAMIC800を載せて余る長さに合うキャリアがこれだから。

お約束梱包はコンパクト。中身はバラバラなのですが部品が気持ちよくスポって入って良い具合でくっつきます。説明も絵を見れば充分理解出来ます。とにかく仮組で全体を組んでから増し締めしないと組立上手に出来ないです。底のネジ隠しのラバーはルーフに載せる前に装着しましょう。ゴムはカッターでスパスパ切れます(刃は新しくしましょう)。何故か鍵が上手く掛からないので困っております。まぁ、後で考えよう・・・

さて、装着。これも独りでできました。組立~装着迄所要時間1時間ちょいちょい。
エアロバーとキャリアを繋ぐ部品は内向きに装着しないとくっつきませんでした。

で、車載してみましたが予想通り激しく左右ハミ出して取り付け完成!もうスタイリングなんてどうでもよくなっております。
ちなみに無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス・大が3つ何となく乗っかりました。
2個縦にして1個横にします。残念縦3個はギリ並ばなかった(抜きテーパーがデカいよぉ)。
これを装着しておおよそ地上から2.3m。まぁなんとかなるでしょう・・・・(後でちゃんと計測してみましょう)
a0015597_2293636.jpg

(だって緑の箱がクルマに載っているのってあんま好きじゃあないんだもん、このクルマには似合わない)

【トゥバーキャリア】
Thule Euro classic G2 LEDの3台積載でしたが、我が家は4人家族。

2号の自転車を室内積載すると狭い、とにかく狭くなる。不幸中の幸いは補助輪が外れたので随分コンパクトになったが狭いものは狭い。そもそも天井に載せる気は全くないです。
これはトゥバーキャリアを購入する時から想定していたので迷わずThule Bike Adapter 928-1を購入しました。
これには日本語一切ありませんが図だけで充分組立可能、難しい場所は一切ありませんでした。
a0015597_2282286.png

手ごたえ大して無くはい完成、そして満足。
小さな木ネジで部材の位置決めをするのでそれだけ注意でしょうか?
組立の際、長い定規(メジャー)が必要です。此処はちゃんとやらないとマズいですよ。
若干ランプが見えにくくなってしまいました・・・何か考えましょう・・・。



【実践】

そんな実践がすぐやってくるとは思いませんでした。

自転車の運動会FRG14でワシの4X自転車、ダーユーの4X自転車、1号のBMXマイクロ、2号の12インチを積載しました。特に何も問題なし。もうこのクルマの後ろ走りたくないですね、きっと。

それはそれでなのですが、ダーユーが29インチのMTBフレームを当ててしまいこのフレームを箱ごと持って帰る事となり、車内積載できないのでキャリアにて運搬、見事積載可能でした。
分かった事はルーフボックスが邪魔でストラップは通せますが網を掛けるのが凄くやりにくい点。
あらかじめ奥のフックはストラップも網も掛けておいて荷物を積載するのが策です。
これはもう慣れと熟練度かと思いますので回数やって慣れましょう・・・。
言える事は作業性が悪いのでこの組み合わせは余りお勧めしない点です。
そして気付きました。「そう、スライドバーにすれば普通に作業できるんぢゃねぇか」もうどうでもいいです・・・
・・・3段位の脚立欲しい・・・

a0015597_22116100.jpg

あと、何故トゥバーキャリアの追加が若干上がっているかの答え?は
キャリアを倒した際、自転車が地面に剃らないようにするためっぽいです。
テールランプ見えにくいもあるんでしょうが・・・
a0015597_2212194.jpg

もうぱんぱんです・・・
あと、このキャリアを選んだ理由「全長が短い」が効いています。
ちゃんと計測してないですが4台積載していますが、長さは2~3台積載の他社モデルと変わらない位短いです。お蔭でワイドバーだと結構迷惑な積載具合になりますが・・・。
今度計測してみましょう。

※重要事項
ヒッチの垂直荷重とキャリアの積載重量をちゃんと計算しておかないと大変な事になります。
我が家のヒッチは1-1/4穴で一番しょぼい垂直荷重91kg迄。キャリアが19kgで72kg。
追加したThule Bike Adapter 928-1重量がわからんので(軽いけど)アダプター類含めざっくり3kgとして
72kg-3kg=69kg。
自転車4台だから69kg÷4台=17.25kg。
ギリギリだと平均重量17.25kgの自転車4台を積載できる計算になります。
・・・ウチの場合結局軽い自転車ばかりなのでこの重量にはならないと思います・・・

【おわりに】
今回もサウンドコネクションさんにお願いしてオーダーしました。
きっと素敵な価格含めた対応をして頂けると思います。
(今回は自分で作業しましたが取り付け作業もして頂けます。)

「あのさぁ、最初からもう少し大きいクルマ買った方が」と言われます。
その通りです、間違い無いです。無計画の思いつきでクルマを買い換えるのはやめましょう・・・
「だってさぁ、見た目でカングーよりちょっとは荷物詰めるって思ったんだもんっ!」
・・・まるで積めなかった
by hubgejapan | 2013-04-16 22:13 | 自動車への自転車積載関連