MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

栂池パート4 〜最終章〜

えー、二日目。(一週間も引っ張ったな。)なんだっけ?正直ちょっと忘れかけてる。年だ。





えーと、朝みんなの携帯目覚ましで起こされるんだが、なぜかみんなバイブだったような。ちなみにワシも。トイレ行く途中外見ると雨。「だう〜〜ん」な気分。んで、トイレから出てくると、雨が雪に変わってた。(べつに、トイレが長い訳じゃないのよ。“小”だったし。)まあ、よい。着替えてゲレンデへ。

本日はタイムトライアル。ヘミ夫のトコとKZんトコにも書いてあるから省略しちゃえ!!で、1:46/1:48/1:53で、6〜7位。体内時計が鈍っています。
Yジロが4位に入ってた。この日はめたくそ寒くって、みんなシオシオになっていた。
a0015597_12532466.jpg

んで、表彰式やた。結果はココに出てる。湯田コーヒーて・・・。
a0015597_12584089.jpg
湯田の滑り。

このあと〜、ん〜、飯だっけかぁ〜?←物忘れ中。
ラーメン食った。丸とガキンチョ人は「つゆが少ない!!」ってぼやいてた。メニューに「つゆ少なめ」って書いてあったのにぃ。←ウソ。
コーシーの水バージョンをやられたが、全然効かず。冷たければ問題ないらしい。以外と反応の薄さに、丸はガックシ。←まあまあ。
アイスをガキンチョにおごってやる。おにいさんぶってみた。「いただきます!!」ってちゃんと言っていた。←喰いタン効果みたい。
みんなグローブが濡れてモチベーションがこの時ぐらいから下がりはじめる。「オレ、こんな絞れる!!自慢大会」が始まり、辺り一面水浸し。しかし一回脱いだグローブをまたつけるのは、ホントにヤなこったです。しかも丸のは匂い付きだったので、ストーブで乾かすと切ない匂いが一面漂ってました。←でも癖になる匂いらしい。
a0015597_1255978.jpg


こっからとりあえず滑れてたガキンチョ2人にヘミ夫が講師になり基礎から教え込まれてた。Yジロは腰が引けててやや後傾気味。だからリアを滑らす感覚がしっかりとれずフロントが接地せずにスピード上がっていってドボンでした。膝の屈伸と肘をよく上下に動かして動作を大袈裟にするとコツがつかめるでしょう。あともっとステムの延長線上に身体がくるとよさそね。KZはまだ上半身と下半身の動きのバランスが少しそろってなかったような。Yジロもそうだけど、肩を入れてから腰が遅れてついてくるカンジがしたから、できればその差を少なくスムーズに出来るといいのでは?ヘミ夫さん、どでしょ!?
こりゃスノボとスキーとチャリの3つの要素を少しづつ折り込まれたスポーツだなと思った。まだ自分も3回目だからエライ事言えねし、自分の滑りがどんなもんか分かんねーんだけんど、なんかそんなカンジがした。しかしながら、丸、塚さん、シンゴ君、DJさんの走りはきれい。さすが、3回以上乗ってるってカンジがした。←尊敬の意。

16時になったから撤収準備。の前に、前日同様スパインごっこを丸とやった。あれ、一日やってても飽きないと思う。で、スノーレーサー2台を社長さんがゴンドラで下に下ろそうとしてたので、「そ、それ下まで持って(滑って)いきますよ!?」っていったら、「んじゃよろしくぅ」だって。ヤター。KZと下までレース。ノーブレーキ直下リ。KZいわく、「レースよか楽しかった」と。まあ、スピードが結構出てたからね。
そのあと、下テントで打ち合わせ兼片付け待ちだったので、なぜか雪合戦に。←誰が口火きった?湯田30才VSKZ&Yジロ。雪がパフパフで握ってもうまく固まらず1つ作るのに一苦労。一個投げて次の作るまでに時間がかかる。ってことで、まとめて2〜3コ作ってると、ボフッってくらう。
a0015597_12572488.jpg

5メートル圏内で中3と高2と30才が汗をかいている。平和だな、ココは。本人達はかなり必死だったが。あえなく撃沈。埋められた。で、あまりの冷たさでヨダレたらす。15〜20分戦ったかなー?
a0015597_12574323.jpg

一番疲れたかも。

帰りにKZのとこに出ている飯屋でベーコンステーキ定食喰った。旨かった。またココ行きたい。

来シーズンもお世話になるからなっ!!!!
a0015597_12582559.jpg

by hubgejapan | 2006-03-23 13:05 | 湯田の落書き