MTBTEAMであるhubgejapanチーム員の書き込み場


by hubgejapan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いいは本当にいいのか?

と題名に書いたが一瞬変態語句っぽく感じてしまうと気付いた訳ですが結構普通なお話です。




以前にも書いた記憶がありますが、何でもいいって事はありえないと思っています。

【時間軸的見解】
「今日、今現在ではベストである」はあるけど作られた、使われた瞬間に既に古いモノなのです。
という事は後発が存在しており、それらに負ける可能性はかなりある訳です。
後発程性能レベルはUPしますが新鮮味や衝撃度が薄くなります。

・・・なかなか難しいです・・・

【評価軸の欠落?】
で、インプレとかした際、その「いい」ってワードは果たしてそれは今時点で「いい」のか例えば1年やら未来を見据えて「いい」のかといかんせん表現が異なると思うのです。そもそも誰に対して「いい」も無論あります。

「いい」のレベルも平均点で優れている場合で「いい」のか、特化して突出した部分を極めたモノで「いい」のかであり、何がどう「いい」のか実はその「いい」は”どうでも”がつくいいのか”あれよりかはマシ”な「いい」なのかなんて「いい」レベルをとっても考えてしまいます・・・

松本一志が「ウルトラマンの怪獣がどうして毎回ウルトラマンのサイズに合致した怪獣サイズなんだろう?怪獣ならサイズが毎回異なってもいいじゃあないの」という疑問を子供の頃に抱いていたそうです。確かにそうなのです。そんなネタに置き換えると「いい」のテーブルが同じっぽく感じる現状になんだかふんにゃらな気持ちなのです。

【で、どんな要素が重要か?】
自身の考えるモノ作りは「売る」という視点だと「平均的バランスの実現」だと思います。
性能的に良いモノ作りの場合は「狙いの優先順位におけるバランスと実現」だと思います。

そんなバランスのレベルを上げるのがより良いモノ作りなのではと思います。
但し進化するためには基本としてる狙ったバランスを崩さないでバランスレベルを上げる行為が必要なのかと思います。

【結論?】
結局何が言いたいかと言うとすんげーバランスが崩れたモノをすんげーレベルUPして結果マニアやモノ好きにとっては「いい」モノ作りを趣味品はやりたいなぁと思っている訳ですよ。
という事は結構なハイリスクが潜んでいるって事ですがそんなギリギリ具合がそれはそれで面白いからそれも味なのかと思っております。

何せ毎日「全部が80点」な商品ばっか作って飯喰ってるお陰でそんなハケ口になってるんですね、趣味品のデザインは・・・ヨコまっしぐらなのですよ、ワシが関与するプロダクト(いや、クラフトか?)は・・・。なので「平均点を取ったモノを」と要求されると一気に萎えますしやりたくなくなります。んなもんワシじゃあなくてもできるからねぇと・・・

現在勝手にやってるステムとかは正直あんま普通に薦めませんのであしからず。。。無論hj-evoも同様であります。どっちも作るかはワシはしらんとです・・・。(いいのか主宰、ワシは暴走しまくるぜぃ)
by hubgejapan | 2007-04-23 18:24 | 横田の落書き